神村酒造の泡盛ができるまで

神村酒造 麹づくりへのこだわり

神村酒造では、創業当時から麹づくりにこだわり、守り続けてきました。
誰もが幸せになれる旨い古酒を造るために、黒麹菌をしっかりと育てる
「老麹(ひねこうじ)づくり」は神村酒造、古酒の原点です。

01. 原料

原料には硬質米のタイ米を使用しています。
硬質で長い粒のインド種(インディカ米)であるタイ米は、麹菌のつきがよく、酒にコクと旨みをたっぷりもたらします。

02. 洗米・浸漬・蒸米

原料米に付いている糠(ぬか)を取除くために丹念に洗米を行います。
その後、水を溜め、蒸すのに必要な水分を原料米に浸漬させます。
浸漬した原料米を十分に水切りした後、蒸気で原料米を蒸しあげます。
原料米は、蒸すことにより麹を造りやすい状態になります。

03. 種付け・製麹

蒸し上がった原料米を適温まで冷まし、黒麹菌を散布します。
黒麹菌を散布した原料米を製麹棚(三角棚)に移し、温度管理をしながら麹の生育をはかります。
黒麹菌の生育により、原料米のデンプンがブドウ糖へと変化していきます。
このときクエン酸が生成され、より良い泡盛造りの環境をつくります。

04. モロミ

仕込容器(モロミタンク)に生育した米麹と水、酵母を加えて発酵させ、モロミを造ります。
約2週間でアルコール度数18%前後のモロミが出来上がります。

05. 蒸留

発酵し熟成したモロミを蒸留機に入れて蒸留することにより、泡盛が誕生します。
アルコールが水より低温で沸騰する性質をうまく利用しています。
品質をしっかりと確認します。

06. 貯蔵

泡盛はカメやタンク・樫樽等に入れて貯蔵します。
長期間貯蔵することにより熟成し味わい深い古酒へと成長します。

07. 詰め

貯蔵した泡盛を商品別に瓶や壷に詰め、ラベルを貼り、箱詰めをして仕上げます。
貯蔵年数やアルコール度数、容量や容器等によって商品が区別され、皆様のもとへと出荷されて行きます。

泡盛蔵見学の予約をする
泡盛ができるまで
神村酒造、独自の泡盛製造工程。
泡盛の歴史と神村酒造
泡盛の歴史と明治15年創立の
神村酒造の歩み。
暖流のこだわり
オーク樽熟成古酒「暖流」を
貯蔵している樽へのこだわり。
泡盛MICE
泡盛工場見学・ナイトツアー等の
アフターMICEプランをご用意。